新亜光学工業株式会社のシャッターユニットにはどんな技術が使われているのか

>

デジタルカメラの心臓部であるシャッターユニット

デジタルカメラはとても精密にできている

そのデジタルカメラはその高画質を維持するためにとても精巧な部品で構成されており、高度な技術で作られています。
特に心臓部ともいえる半導体と光学系の部品に関しては専門のノウハウを持った限られた会社しか作ることができないもので、専門技術者を必ずカメラメーカーは抱えています。
さらに優秀なカメラを作れる会社はフィルムカメラの時代から光学技術を持っている会社に多く、家電メーカ-もデジタルカメラに参入していますが、肝心な光学部品は光学技術をフィルムの時代から持っている会社に委託しているのが現実です。
スマートフォンに駆逐されたような形になってしまい、現在は市場規模は縮小してはいますが、需要はまだまだ多く、新製品も登場しておりまだまだデジタルカメラは重要な製品として人気を博しています。

心臓部になるのはシャッターの部品が大事

そしてデジタルカメラの場合、フィルムの時代に関しても大切な部品でしたが、レンズも大事ですがシャッターの部品は一番大事な部品として慎重に製造されています。
特にデジタルカメラは光量を電子化してデータとして写真にするので、その光量を調節する部分にあたるシャッターの部分はまさに心臓部といってよい役割を果たします。
このシャッターにあたる部分を作ることができる会社は数がものすごく限られていて、フィルム時代からのノウハウを持っている会社かシャッター部分の部品に特化した技術を持っている会社しか作ることができません。
特にデジタルカメラのシャッター部品はフィルムの構造と多少異なるので、より専門的な高い技術が求められます。


この記事をシェアする